ひととひとをつなぐ販売買取の株式会社フィリッジ

社長メッセージ

  • HOME »
  • 社長メッセージ

常に「もう一歩前へ!」

当社の前身は、関西ソフトの名前で京阪神地区を中心に、「菅野哲也」が個人事業として行っていたビデオソフトの卸業が始まり。
そして、1995年8月有限会社メディアフィールド(現:株式会社フィリッジ 2001年8月商号及び組織変更)を立ち上げました。

当時、私は名古屋の会社に勤めており、個人事業者として日々昼夜問わず走り回っていた「菅野哲也」とは取引先の関係ということで面識があり、また年も近いこともあって、営業で訪れた際には、一緒に食事に出掛けたり夜遊びに繰り出す関係でしたが、創業後2年目に合流することとなりました。

当初はビデオソフトの卸業を中心に、少しづつ増えてきたスタッフと共に、京阪神地区から、中部地区、関東方面へと営業地域を徐々に拡大していきましたが、同業他社との競争の激化もあり、卸事業から一切の撤退を決意したのが、法人立ち上げからわずか3年後の1998年。
そして、現在の「買取りまっくす」の前身となるビデオショップ「ランドマーク宝塚店」を開店しました。
そこで目指したのは、当時増え始めていた普通のビデオ販売店ではなく、まだ無かった「買取り」サービスを主軸にしたビデオショップでした。

当時を振り返れば、卸売り一本で突っ走ってきた私達に、小売りのノウハウや経験など当然持ち合わせなく、そして買取り相場も全くないサービスに無謀にチャレンジし、買取り相場や店作りの一切合切が日々試行錯誤の「これでいいのか?」の自問自答の毎日でした。

今思うと、そこで日々試行錯誤した「お客様に満足してもらうにはどうしたらいいのか?今何ができるのか?何をしなければならないのか?」と常に「もう一歩前へ!」のひたむきなサービスの追及と挑戦と心構えこそが、私の、そして我が社の原点になっているのではと感じております。

それから1年半後、「ランドマーク宝塚店」で深めた小売りへの自信と「買取りサービス」の構築を当社の強みとして、「買取りまっくす」と屋号を変更し、無我夢中で一気に近畿圏全域出店へと踏み出していきました。

メディア商材のリユースを柱に成長してきた当社は、スタッフの増加と成長と共に、取扱品目も今ではDVDに留まらず、ゲーム、コミック、釣具、おもちゃ全般、古着、楽器、ゴルフ、スポーツ用品全般と多岐にわたり、様々な商材のリユース事業に携わるようになってきました。
そして、その成長の支えとなっているのは、常に「もう一歩前へ!」の心構え

私たちがこれまで追求してきたものは「お客様の満足」
そしてこれからも追求し続けていくのも「お客様の満足」

お客様の満足のために、今何ができるのか「想像力」を働かせ、新たなサービスを生み出す「創造力」を発揮し、それを実践するために自己の成長に努め、常に「もう一歩前へ!」の想いを忘れずに、今後もリユース事業を柱に、従業員一同力を合わせ共に成長しながら、お客様に必要とされ、社会に必要とされる企業体であり続ける惜しみない努力を続けてまいります。

今後とも、皆様にはこれまでと変わらぬご愛顧頂きますよう、よろしくお願い申し上げます。

創業者:菅野哲也は病を患い、長きにわたる入院生活を余儀なくされ、事業への復帰も叶わぬまま、志半ば平成19年2月12日永眠。享年41歳。

事業に対しては非常に厳しく、一切の妥協を許すことなく、お客様満足を最優先に取り組み、常に一歩も二歩も先を見据え、実践してきた経営者でした。また、人に対しても、厳しい中にも非常に愛情深く、面倒見のよい兄貴的存在でありました。

現事業の礎を築き上げ、また一人の人間としても色々と勉強・経験させて頂き成長させて頂き、一日たりとも忘れる日はありません。
感謝してもしきれないほどの恩義を感じておりますが、今は、その感謝を伝えることは叶いません。

あれから9年。悲しみを乗り越え、スタッフ一同力を合わせ少しづつ成長しながら、微力ですが、社会に必要とされ、貢献できている企業でいられていると思います。
感謝。

代表取締役 社長 濵田龍也

お気軽にお問い合わせください TEL 06-6373-0161 受付時間 9:00 - 18:00 [ 土・日・祝日除く ]



買取MAX


とれじゃらす


道楽箱


お宝ザクザク!


店舗物件募集

PAGETOP
Copyright © 株式会社フィリッジ All Rights Reserved.